志尊淳

【ヘブン】志尊淳の演技にイライラ?石原さとみも異議!視聴率は?

石原さとみさん主演、志尊淳さん出演の『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(以下、ヘブン)についてお伝えします。

ヘブンの志尊淳さんの演技についてネット上で色々話題になっているようです。

『イライラする~』という声もあれば『可愛い~』なんて言う声も。

イケメンで演技にも定評がある志尊淳さんなだけに、どういうことなのか気になりましたのでネット上の声を拾ってみました。

【ヘブン】志尊淳の演技の役どころ

元美容師見習いのウェイターアシスタント(コミドラン)で名前は川合太一という役です。

今作ではフレンチ料理が舞台になるのですが、飲食店で働いた経験もなく、美容師見習いを1年ほどやったあとに「シャンプーがあきちゃったから転職した」という愛され天然キャラという設定です(笑)

そもそもフレンチの知識はまったくなく、給仕長を意味する“メートル(・ドテル)”と聞くと「あ、『銀河鉄道』の?」(それはメーテル)、自分の与えられた役割“コミドラン”も「ゴミランド」と言い換えてしまうフレンチ音痴っぷりが魅力とのことです。

そんな『天然っぽく』も『おバカキャラ』ともとれる役どころな志尊淳さんの川合太一ですが、ネットでは評価が二分しているようです。

【ヘブン】志尊淳の演技についてのネットの声

ヘブンにおける志尊淳さんの演技について色々な捉え方・見方があるようですので、ご紹介します。

否定的意見

やっちまったなーって感じ。志尊くんは悪くないと思うんだけどさ。漫画では成立するようなキャラもドラマでそのままは辛いよね。そういうキャラも必要だって分かるけど痛くて見ていられないんだよね。これを最終回までかーと思うと胸が痛い。

Drama Fam『 Heaven?~ご苦楽レストラン~キャスト志尊淳 (川合太一役)』より引用

脚本や演出のせいもあると思いますが、見ていてイライラします。失敗してもヘラヘラして緊張感がなく、舌っ足らずなフワっとした話し方も「誰かが助けてくれるだろう」「許してもらえるだろう」という無責任さと甘えが滲み出ていて、そういうキャラなんだと分かっていても見ていてストレスが溜まります。漫画なら良いけど実写にすると難しいキャラクターなのかな。演じる志尊さんが気の毒になってしまいます。

なるほど、『漫画だからこそ成り立つ』っていうところは分かる気がします。

『それ漫画じゃん!』っていうふうに普通ではありえないことを半ば揶揄するような感じで突っ込むことがありますが、やっぱり漫画は漫画に留めておいた方がいいこともあるわけですね。

漫画だからこそ成り立つ人柄を生身の人間が演じるというのは、難しいことなんでしょうね。

とは言っても、そういう役どころにチャレンジした志尊淳さんを気の毒に思う視聴者の方もいるようです。

役を憎んで人を憎まずの精神が素晴らしいですね。

役者さんには、その役のイメージが付きまといます。

どうか

『川合太一は嫌いになっても、志尊淳さんは嫌いにならないでください。』←どっかで聞いた

肯定的な意見

否定的な見方がある一方で、肯定的な捉え方・見方をしている視聴者の方もいますのでご紹介します。

二枚目俳優のイメージですが、軽くてチャラくてバカっぽさ全開の役が見事にフィットしています。なかなか芸達者というか、案外引き出しの多い役者さんなのだなと感心しました。空気が読めずに、言わなければいいことを口にするけれど、時に雰囲気を和ませる感じがよく出ています。その役者としてのスキルの高さに驚かされました。

あの中世的な顔立ちとちょっと高い声もあってか、川合役がすごくピッタリだと思います。
下手な俳優さんだと、ぶりっ子に見えてしまったり、ただただ気持ち悪く見えてしまうけど、志尊くんが演じると普通の愛らしい子に見えるのが不思議です。

Drama Fam『 Heaven?~ご苦楽レストラン~キャスト志尊淳 (川合太一役)』より引用

役柄が志尊淳さんに合っている』という意見が見られます。

これまでの志尊淳さんの演技を見ていて彼の演技力に一定の評価をしている方が、『こんな役もできるんだー』とか『彼のキャラに合っている』というふうに、肯定的に受け取っている傾向があるように感じました。

人の感じ方・捉え方って難しいですね。

一つの演技を見ても、それを良いと悪いの真逆に取る人がいるわけですから。

テレビに出る以上、賛否両論あるのは覚悟の上かと思いますが、どうか志尊淳さんには、応援の声を励みにめげずに突っ走ってほしいです。

【ヘブン】主演の石原さとみが異議?

さて、志尊さんの演技の話題もありますが、主演の石原さとみさんについても話題があるようです。

出演するドラマが次々とヒットする石原さとみさん。

どうやら『演出に納得がいっていない』とのことです。

今回の演出でチーフを務める木村ひさし氏は、『TRICK』シリーズ(2000~03:テレビ朝日系列)や、『99.9―刑事専門弁護士―』シリーズ(2016~:TBS系列)でも演出しているヒットメーカーです。

その演出に対して石原さとみさんが

『視聴者に刺さっていないので、止めたほうがいいのではないでしょうか?』

と進言したそうです。

どんな演出かと言うと、出演者の内面が描かれる際に、それぞれの顔が亡霊のようになったCGが画面に浮かび、心の声をつぶやくというような演出のところです。

ここが視聴者に刺さっていないと。

見る人を楽しませる役者としての感覚がそう言っているんでしょうか。

ただ、ヒットを生んできた木村チーフにもプライドがありますので、とりあえずこのままいくことにはなるのかなーとは思います。

後述しますが、視聴率も低めに出ていたり、演出への不満もあり、石原さとみさんにもイライラが募っているのではないか?という話です。

演者と演出が手を携えるのが一番だとは思いますが、どうなるのでしょうか。

【ヘブン】視聴率は?

ビデオリサーチ調べによると、関東地区の数字では、第1話が10・8%、第2話が9・2%、第3話が8・7%、第4話が10・0%、そして8月6日に放送された第5話が7・8%となっているようです。

視聴率が上下していますが、ここまで平均は9.3%です。

石原さとみさんが主演しているドラマとしては、低い数字となっています。

これから視聴率がどう動くか分かりませんが、現状、評価が二分されていることは確かですし、石原さとみさんが出演している作品としては低い数字なっていますので、何か打開的な展開がなければ上がっていくのは難しいかもしれません。

ただ、視聴率が低めであっても、みんなが納得して演技できる環境が一番なのかなと思います。

さきほどの石原さとみさんの進言や志尊さんへの評価など、心配要素がある中で、今後どういった展開がされていくのでしょうか。

【ヘブン】志尊淳の演技にイライラ? まとめ

ヘブンに出演している志尊さんの演技については、評価が分かれいることが分かりました。

また、演出に関してもチーフと主演の石原さとみさんとの間で議論があるようです。

視聴率はそのドラマを評価する一つの指標にすぎませんが、少し低めなのも事実。

今後、どんな展開が待っているのか見守りましょう。